忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

カウンター

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恐怖症

私が鳥使いの癖に高いところが苦手なのは、プロフにも書いているので知られているかなと。
高所恐怖症って奴ですね。
3階位の高さから真下を見てももう駄目。
斜め前位が精々。
真下を見ると、なんていうのか体が浮き上がって落ちるような錯覚を覚え、しゃがみこんでしまう事もしばしば。
半分、腰が抜けた感じですね。
ビルの窓拭きだの、高圧線のメンテとか、そんな仕事はまさに私には雲の下でも雲の上のような感じです。
100億くれても断ります。
断らなくて、腰が抜けて動けないともう【^^
でも、例外はあるもので、一瞬...のジェットコースター系は、高くても意外に平気。
下を見なければある程度大丈夫なのだろうか?
それよりは、観覧車の方が私的に絶叫マシン。

去年、ポケパークで3回も乗る羽目になり、同行していたダネグロス氏が恨めしかったな。
レポ用の写真も、下が見れない為に、適当にシャッターを押し、いい奴を選ぶ...って感じ。
ゆっくり景色を観覧している気になんてなりませんよ。

因みに、高い所にいる感じ・おちる感じを想像しただけでも鳥肌が立ち、震えます。

他にも恐怖なものは、血は駄目です。
故に、医者や看護婦や元より、料理人にもなれないと思う。
スプラッタ物のホラーなんかも駄目です。
高校の時、保体の授業で応急処置の話か何かで、怪我の実例なんかを教師が詳しく説明するのを聞けなくて、耳を塞いで制服の上着を被っていたのはほんとの話。
鳥肌が立つより、マジで気持ち悪くなるので、本当に苦手というか恐怖。
いやはや。

この手の恐怖症は他にも実例があるかと。
でも、私は昔(消防の頃)「友達恐怖症」だった。
なんだそりゃ?
というのも、仲良くなった友達が、何故か皆引っ越してしまうという(^^;
学校のある場所が、某大手重工業の社宅が隣接していて、その関係で親の転勤が多いというのが理由だったのだが、子供の頃はそんなことを知る由もなく、友達を作るのが怖くなって良く1人で遊んでたかも知れない。
友達が良く引っ越す...これは、未だにある。
中学位から仲が良かったグループのメンバーは、10人中8人が引越し。
私を除いた1人も、近所ではあるが引越し(^^;
高校位からの友達も、7人のうち4人が引越し。
内1人が海外へ。
なんだかなぁ。
それとも、こんなものなのか?
同窓会とかでも、引っ越している同窓生は意外に少ないぞ。

そして、私はかなりのあがり症である。
対人恐怖症と言うほどでもないにしても、学校・会社の面接なんて言うと、もう信じられないくらいあがりまくってましたね。
最初の会社で、1年目の終わりに論文発表会ってやつがあるわけで。
お偉いさんやら同期・新入社員などが、ドバーッと何百名も見てる前で発表する訳です。
前日のリハの時点でもうかなりやばい状況。
発表する内容は全て丸暗記して、原稿不要の状態まで練習を重ねたんですけどね(^^;
劃して本番。
演題に立った瞬間、から暫くの記憶が飛んでしまう。

後で、「私、自己紹介した?」と確認したほど。

兎に角、人前で話す注目を浴びて話すのは恐怖にも等しい。
そんな機会はあまりないのが幸いですが(^^;
舞台なんてものは、仕事以外で上がりたくないです。
舞台→仕事と言えば、音響と言う仕事をやっていた時期がありまして、ミキサーのオペレートなら裏でこそこそやっていれば済むんですが、アシスタントの時は大抵舞台付きですね。
開演前から据え置きで済むものはいい。しかし、途中での転換が発生する場合はしんどい。
転換で幕が下りればいいのだが、そうでなければ観客の前に出なければ仕事にならないので、人の目がかなり辛い。
気にしなければ済む話なのだが、そこはあがり症なもので(^^;

最近は仕事関係であがる機会もないかな...と思ったら、趣味が悪かった。
ポケモンカードなんてものを始めてしまったのが運のつき。
最初はコレクターだったが、マスターリーグが出来てから対戦をするように...といっても、普段余り対戦することがないので、公式戦は殆どぶっつけ本番。
故にあがる。
しかも、下手に勝つとさらに緊張度が増す。
あの、公式戦で掛かっている音楽。あれは良くない。
お陰で、あの曲を聴くと普段でも条件反射してしまう。
公式戦参戦も何度目かは知らないが、そろそろ慣れろよ!
でも、無理。
去年の夏道の時なんて、同じテーブルにいる皆さんに心配されるほど、目に見えて緊張していたらしい。
実際、全身に鳥肌がドバーーーっと立っていたのは本当。
鳥肌は苦手ですね。あれを見ると更に鳥肌が立つ私は鳥使い(^^;
いつかは決勝を目指したいものだが、他人の決勝戦を見ていると、あの環境で冷静に対戦無理です。
夏道がポケフェスの中で行われる場合、決勝はステージの上と言うことが良くあるわけで。
..............だから、無理。
とんでもない醜態を晒すんだろうな。
想像するのは自由だが、想像しただけで鳥肌が立つ。

拍手[0回]

PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form