忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

カウンター

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だるい

両腕がだるい。非常にだるいです。
腕が肩にどっしりぶら下がっている感じですね。
腕って重いんだな...と、つくづく実感します。

どうしても、リストを打つ気にならない。
かといって、イラストは更に描く気にならない...orz

重症ですね(^^;

暑いのも更に気力を削ぐ理由のひとつでしょうか?
梅雨の最中というのもあるかもしれません。

只でさえこんな調子なのに、さいたまの厨の日記を見て更に萎える。
(知っている人はHNで検索してみると、萎える理由が分かるかと)
特技が「素直」で「大人しい」
逆だろって!
脳内妄想で、極限まで自己を美化すると出てくる言葉なのか?

「人の気持ちを考えろ」とか「空気嫁」とか言わないで。
「考えは人それぞれ。そういうことを勝手に決めつけたり、言った後の相手の気持ちの事をわかってほしい」
「何で自分の事を理解してくれないのか」


するってえと、「自分は人の気持ちを理解するのが苦手だから自分の事は棚に上げる。でも、自分の事は理解して。強い事言わないで。自分の弱点を攻めないで」というかとか。
虫が良すぎる。
人を平気で傷つける。人の言う事は全く聞かない。ちょっと構うと調子に乗って暴走する。他人に敬意を払わない・思いやらない。空気を読まない...否、更に空気を悪化させる事に秀でている。すぐに切れる。すぐに他人のせいにする。何かと自分を正当化。
...これらの積み重ねで仲間が一人一人と去っていき、ポケカにいる場所がなくなり引退する羽目になったのも自業自得。
誰も残念に思う人などいない。

「今までの自分のやってきたことを反省しないなら、同じことを繰り返すだけ」
と、最後の親切で送った言葉も、理解してなかったようで、別ジャンルで再び人間関係をこじらせる。

「自分の気持ちを理解している人は、殆どいない」と当人は言う。
誰が理解するんだ?
そうなったのも、今までの悪行の結果だろう?
「今後、自分はどうすれば良いのだろうか」
この期に及んで、他人に助けを求めるのか?
この期に及んで尚、自分で解決することをしないのだから呆れたものだ。

日記をやめるとか何とか言っていた割りに、すぐに復活。
で、書いていた内容が
「自分の特技「すなお?」「おとなしい?」を使い、冷静さを極める事に決めました」
「すなお」なら人の忠告やアドバイスを少しは聞いて生かせ。
「おとなしい」なら、調子に乗るな。チャットを荒らすな。
それだけの冷静さがあるなら、真剣に自分の悪行を振り返り、何が悪かったのか分析しろと言いたい。
だが、言っても無駄なのだ。

でも、それすらしない。
「自分は変えたくない」
「でも、気持ちは変えられるから、過去の嫌なことは忘れる」


こんな調子だ。
反省するなどという言葉を知らないんだろうな。
自分は変えない...簡単に変えられるはずないじゃないか!
誰だって簡単には変えられない。簡単に変えようと思う方が間違いだ。自分を変えるには、相当の努力が必要なのだ。
自分がストレスをためずに快適に生活する為には、他人が変わればいいと本気で思っているようだ。
そのため、努力することすらしない。

だから、まともな友達は去る。
その友達が、我慢に我慢を重ねた上にだ。

関東のポケカ仲間の間には、この厨を嫌う者は多い。
つい、先日の葛西でのジムオでも話題になった。
私が知っていて厨と関係のあった人は、大体厨を嫌っているのは間違いない。

オリ研のスタッフだった事で、私自身かなり我慢し悪行に目をつぶってきた。
それが無駄であった事は火を見るより明らかである。
知り合いに、「よく今まで我慢したね」とまで言われる程である。
最後は自分自身が我慢の限界を超えて切れたが、そこまで人を追い詰める程、人の気持ちも理解しない人間も珍しい。

ポケカ関係者がこぞって「無視」する状況の中で、最後まで庇ってくれたルギア松本氏さえも、さすがに呆れ果て、その無神経さに怒りが爆発寸前になったという。
松本氏曰く「自分が今までの人生の中で出会った人の中で、最低の奴だ」更には「その最低のラインを大幅に引き下げた」と。
最後まで庇ってくれた人に、そこまで言わせるのだから、厨がいかに最低最悪の輩か分かる筈だ。厨の事は以前のブログでも何度か書いたが、言わずにいられないくらい酷いのだ。
厨のHNを検索して、当サイトに来られる方がいる。

今は着ぐるみ関係を主な趣味にしているようだ。
その関係でも、度々トラブルを発生させているのは疑いない。
実際、関係者から苦情が来たこともあるのだ。



~着ぐるみ関係の皆様へ~
これ以上、厨の悪行による被害を出さない為にも、この輩にだけは関わるなと強く忠告します。
この輩は、他人を踏み台にしかしない。

関東ポケカ界最大の癌のHNは「なおチュウ」。

さわらない・近寄らない・構わない
三原則です。

拍手[0回]

PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

無題

Posted by ダイアモンドパワー  2006/07/13(Thu) 02:16:09 EDIT

日記読みました。この記事に対して、僕なりの意見があるので書きます。ただ、気分を害されてしまわれる可能性があります。ムカついたら、消してください。夏道で謝りますので。

僕も、空気というものを読むのが苦手です。ゆえに自己中といわれることもしばしばです。人のことを悪気なく傷つけてしまうこともあります。

ただ、彼と違うのは、僕は嫌われるのが嫌なので、「これは悪い」と言ってもらえると、ある程度納得するし、人に対して敬意や思いやりは持つし、いろいろ違う点もあります。最大に違うのは、僕は反省をするということです。
また、周りの人間に恵まれたのか、自分を理解してくれる友達が多いのも自分の幸運だと思います。
でも、彼の言ったことは理解できるのです。これに近いというか、僕もそう考える事があるからです。特に、「自分を変えたくない」というのは、共感してしまうのです。自分を変えてしまった場合、自分のいいとこまでなくなってしまうように感じる恐怖がある。そして、即効性がないと、努力は最低限にとどめたいため、やめてしまう。同じなのです。しかし、私は他人が変わって欲しいとは思いません。それこそ、自己中になってしまう最低行為ですから。
それに僕の場合、「君の性格が変わったら、別の人間になってしまって面白くなくなる。」といわれたり、「もう空気読むのは決定的にできないのだから、できる限り読んで、それで怒られたら謝ってしまえ。」とカウンセラーにいわれたこともあるので、変えるのには消極的です。

私は、この方に会ったことは多分ありません。そのため、この日記の情報から得た情報で書いています。ブログも見つけられていません。そのため、「何も分からないくせに!」と思うと思います。ただ、俺より悪い奴だなとは思います。ただ、管理人さんの言った「虫が良すぎる」という一連の流れは、自己中にとっては「死ね」と言われているのと一緒です。それだけ、空気が読めなく悩んでいる人間には辛いのです。
ただ、僕が彼に会ってみて、同属嫌悪起こして怒り出すかもしれませんが。

長々とすみません。こんな意見の人もいるんだと思ってください。では。

無題

Posted by ルギア松本@仕事中  2006/07/13(Thu) 17:09:13 EDIT

私は彼の「自分の趣味の関連でボランティア活動に精を出している」というのは非常にいいことだと思っていますし、素晴らしいことだと思っています。

でも私が彼を好きになれない理由、それは「彼の一言一言」なのです。

私が彼との決裂を決定したのはとある夜に彼の口から発せられた「ここに来てやった」と「一緒にやってやる」の2つです。

確かにとある場所に彼を呼んだのは、ほとんど私の都合だったのですが、彼も事前にそれに合意して彼自身も望んだことです。しかしそれに対し「ここに来てやった」はないのではないでしょうか。

私は彼の性格や態度に対してはそれほど気にはなりませんでした(もちろん付き合いが短いから知らないというのもあります。)が、その口から発せられる「人を見下した発言」は私は許せません。

私も高校生の頃は彼と同じような感じで、バイト先からも生意気な奴と思われていました。でも大学に進学し、ボウリングを通じて自分より年上の人と付き合い始めてからその性格も治って来ました。何よりも小さい頃から自分のお袋に言われてきた「人と合わせる事を知れ」というのができるようになり、お蔭様でたくさんの友達ができました。(しかしまだ当時の性格が治りきっていない部分があり、失言することがあるのが気になるところです。)

私としては彼の性格は別に変わらなくてもいいと思いますが、あえて言うならば「もっと大人になりなさい」と言いたいです。

自分は1人で生きているわけではない、そのことに彼が気がつかない限り、彼はこれからも同じようなことを繰り返すと思います。

Comment Form