忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

カウンター

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空白の末に

そういえば、最近イラスト描いていない。
作画休止そろそろ解除するか...。
一応、完全版リスト完成後...という約束だったが、度重なる仕様変更などで、もうちょいかかりそうな予感。
(チェック作業なども含め)

とすると、今月末のイラストコンテストの締め切りを考慮し、そろそろ再開したほうが良いかも知れない。
ただ、あまり時間がないのは相変わらずだが、少しずつでもリハビリを兼ねて描かないと、さすがにイラコンのぶっつけ本番はきつい。
週一の定期チャットでは、取り敢えず落書き程度は描いてはいるが、イマイチ感覚が覚束ない。
手が痛いのも理由の1つかも知れない。
リストの入力などは、
 キーボード7:3マウス
 左手5:5右手
というバランスだが、
イラストは
 キーボード0:10マウス
 左手0:10右手
かなり右手のみを集中的に酷使するので、手だけでなく、肩や首までも激痛&マヒることが多い。
集中する時は、時間を忘れて集中してしまう事もある。

リストの時は、実際の所、常に打ち続けているかというと、参照しているカードや資料をめくったり、結構集中しないのだ。
反対に、イラストや小説などは、頭の中で考えたイメージを絵なり文章なりで表現する訳で、集中してしまう要因にもなる。
視線をあまり動かさないので目にも悪いかも知れない。

特に、イラストは集中し過ぎると本当に手が痛い。
痺れる時も多々。
うーん。
良い方法はないものか。

因みに、昔CADをやっていた事があるが、あれは右手でマウス左手で数値の入力...というパターンで、意外に左右のバランスが取れていた気がする。
この左右の使用度がどちらかに片寄ると、肩凝りに繋がるし、最悪体が歪むという、非健康的な状況に陥るのだ。
PC長時間やる事が多いだけに、気をつけなければ。

イラストの作画は専らマウス。
下書きはしない事が多いが、デッサンはする。
しかし、それをスキャナーで取り込んで利用するということはまずない。
行き成り色塗り。しかも背景から。

よく「マウスだから上手く描けない」とか言う人がいるが、慣れれば問題ない。
寧ろ、上手く描けないのをマウスのせいにするのは感心しない。
枚数を重ねて使い込めば、どんなツールだって、それなりに使いこなせるもの。
逆に、最初から上手く描ける人は余程の天才である。
何事も積み重ねなのだ。

ただ、ペンタブは欲しいかな。
時と場合により、使い分けるのが理想かなと。

さて、アイデアを具体化していかないとまずいかな?

拍手[0回]

PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form