忍者ブログ

カレンダー

08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

カウンター

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

裏書のみ

裏書のみです

拍手[0回]

2度目の脅迫がきた。
思惑通り事が運ばなかったのか、それとも当初からの想定内か。
1日の裏書の記事を「あれは釣りで、騙された香具師は馬鹿www」と書けと。
ねらーじゃあるまいし。
1日の裏書の記事が嘘八百であることは事実だから、訂正して「あれは嘘です」と書きたいのは事実だ。
しかし、それじゃすまない。
犯人の望みは、覇空がユーザーからの信頼を失う事だと思われるから、いかにもユーザーを騙す的な文章にしなければなるまい。
確かに、覇空は自分が運営しているサイトであるし、記載している記事にしろコンテンツにしろ、ユーザーの信用があってこそ存在し得る。
それに、覇空は一人の力で存在しているわけではない。
それを破壊することは、ユーザーはもちろん、今まで支えて下さった多くの関係者の皆様への反逆になる。
それは避けたい。
悪者になるのは自分だけでいい。
悪いのは管理人であり、こいつは本当にどうしようもないやつだ。
そういう文章を書いたつもりだ。

2ちゃんねるの掲示板で早速話題に。
乗ってみる。
こんなことであの掲示板にかきこみをするとは夢にも思わなかった。
自分のHN出して叩くのは、ある意味不思議な思いだ。

一人の力ではどうにもならないことは多い。
現に今がそうだ。
犯人は誰なのか、もしかしたら身内の誰かではないか?
人を疑うのは好きじゃない。
特に仲間を疑うのは...。

だが、今まで自分とサイトを支えてくれた仲間を信じているし、卑劣なやつの手からなんとしても守らなければいけない。
事態を解決に導く為には、躊躇している時間はない。

ブログの件の真相から、メールでの脅迫の内容など、経緯を該当する仲間に説明する。

原因は何であれ、自分が管理するサイトで発生した事件である。
そんな揉め事に仲間を巻き込んでしまったわけだから、当然責任は自分にあるわけで、責められて当然のことだ。
だが、最初に開口したのは、高校時代からの仲間であるTだったと思う。
「何でもっと早く打ち明けてくれなかったのか」と。

責任云々でもめている時じゃない。
協力して洩れた個人情報の出所を探るが、5人が共通して個人情報を出した場所というと、かなり限られてくる。
署名などのメールが盗まれた可能性は薄い。
TとRは、家も近いため、メールでやり取りすることは殆どない。
同盟関係で個人情報は扱っていないし、行き着く所は意外にも、サイトにおいてある「トレード掲示板」だった。

基本的にトレードが終了すれば相手の個人情報は削除するのが普通なので、交渉の記録などが残っていないため、捜査は難航する。
だが、Oがトラブルがあった取引相手の個人情報を保存していた。
その中の2名について、残りの4名が取引をしたことがあるという事実が浮かび上がった。
この2人のどちらかが犯人ではないか?
断定はできないが、可能性は高い。
だがどうやって証拠を固めればいいのだろうか?
証拠を取れたとしても、どうやって犯人と向き合うべきなのか?

警察沙汰にしたくない。
できれば穏便に解決したいが、同様の事件の再発だけは防ぎたい。
もちろん、取られた個人情報の保護も重要だ。

個人ではどうにもならない。
手分けをして、ネットトラブルに関するサイトをチェックする。
やはり弁護士を立てる必要があるようだ。

以前の問題のブログの記事にもレスをしてくれた上司が、「あの件はどうなったのか?」と聞かれたので、チャンスとばかりに相談を持ちかけてみると、知り合いの弁護士を紹介してくれるという思わぬ展開に。

紹介して頂いた弁護士の方と早々にコンタクトを取るが、あまりネットトラブルは扱ったことがないようだが、個人情報関連の相談はよくあるらしく、犯人からのメールや事態に関係するページのアドレス、取り合えず今までに分かっている情報を提供する。
トレード掲示板については、リンクからはずす処理を行う。
同時にリンク集もはずさせてもらいましたが、これはサイトのトラブルで他のサイト様を巻き込みたくないという理由からです。
ちょっとしたミスからランキングタグも削除してしまっていたので、自己隔離状態です。
いいことなら皆で楽しみを共有するのいい。
でも、こんなつまらないトラブルにわざわざ巻き込みたくない。

さて。
自力解決を断念し、かなり事を大きくしてしまったわけだが、早々の解決のためには仕方がないと思っている。

解決したとしても...。
後処理も頭痛の種である。
困ったことに。
PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form