忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

カウンター

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秋の夜長はじっくり音楽にひたって見るのもいいかなと

ダイパの攻略もポケカな話も置いておいて。
今日は音楽的な話でも。


と言っても、ダイパの音楽の話です。


今回、タイトル曲から何か重い感じだなと。
兎に角、あまり耳に残らない。
あっさりしている割には、聞き込むとよさが分かってくると言う印象ですね。

各道路、街のテーマはそれぞれにいい味を出していてgood!
特に、都会的なナギサシティ・甘ったるい感じのズイタウンの曲は一品。
他にも、206ばん道路、テンガン山(積雪部・外壁)...これも捨てがたい名曲だ。

今回、ポケセンとフィールドの音楽は、昼間と夜間ではキーやテンポが変えてあったり、工夫がされているなと。
昼間のみ、夜間のみしかプレイしないという人も、是非一度聞き比べて欲しいと思う。

バトルの曲も、過去のバトルの曲の良いところを取り入れ、新しい要素を巧みに融合させたアレンジが素晴らしい曲が多い。
対アカギ、対ギンガ団、対チャンピオン、対エムリット・ユクシー・アムリッド、対ライバル...どれも捨てがたいが、やはり個人的に一番お気に入りなのは、対ディアルガ・パルキア戦の音楽だろう。
最初、聞いたときは「なんじゃこりゃ」と思ったのは事実だ。
仮にも神と呼ばれるポケモンとの対決の場でかかる曲には思えなかっのだ。
今までのタイトルでは、緊張感を煽る重厚な曲が多かったように思う。
しかし、この曲は出だしから明るいのだ。
ピアノのアルペジオを全面に押し出したアレンジが、聴けば聴くほど「いい!」のである。
低音部分をもう少し作りこんでくれるともっと良かったなとわがままも言ってみるが、神秘的というよりは近未来サウンドというか、SF的な不思議な曲だ。
後半の、盛り上がりの最高潮で一転して曲調を変える展開のには、思わずにやりとしてしまう。
SEを左右にパンさせる手法も効果的だ。
往年のプログレッシブロックを髣髴としてしまう一曲だ。

普通にプレイしていれば1回しか聞けない上に、しょっぱなでクイックボール若しくはマスターボールでget完了!...してしまったという方も多いかなと。
そういう意味では埋もれた名曲になりそうな予感。

ゲームボーイシリーズからDSになったことで、今までは極力押さえてきた音質を、一気に向上させたなという感じですね。
音色も幅広く、細かい音の定位にまで気を使っているなと言うのがよく分かる。
耳に残るメロディ...という点では、金銀辺りが秀でていると思うが、ゲーム同様にやり込むにつれ味わい深くなっていくのが今回の音楽の特徴であろう。

ゲームをプレイしないときでも、BGM代わりに聴いていたりもするが、とある筋から主だったる曲を録音したものをもらい、じっくり聴き込んでいる。
DSも捨てがたいが、やはりそれなりの音響設備で聴くのは格別だ。
ヘッドホンで聴くのもお薦めだ。
今までになく細部まで作りこまれているサウンドの良さを改めて感じる。
攻略本なんか要らぬ。(図鑑は欲しいが)
早く正規の音楽集をリリースして欲しいなと。

今回のウケは、当然船乗り登場時の曲。
ちょwwwwww演歌!

普段、音を消してプレイしている人も、一度ダイパサウンドに目を...否、耳を傾けて欲しいなと思う秋も深まる夜なべかな。

拍手[0回]

PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

DPの音楽

Posted by ルギア松本  2006/10/21(Sat) 04:05:37 EDIT

私の場合は「vsトレーナー」が今のところのナンバー1ですね。残念ながら「vsティアルガ・パルキア」は、初めてパルキアをゲットした時は宇都宮上三川の店舗でしたので音楽が聞こえませんでした。
なお私は音楽がないとやっている雰囲気になれないのでルギア号内ではルギア号のスピーカーにつなげるかイヤホン、自宅ではパソコンのスピーカー、そのほかのところではイヤホンをしてプレイすることが多いです。(上三川ではちょうどイヤホンを忘れていました。)

Re:DPの音楽

from MASTER 2006/10/31(Tue) 20:12:26

やはりゲームもBGMは重要ですよね。
元々サントラ愛好家で、映画にしろ何にしろ、音楽が良くないと萎えます。
逆に、音楽が作り込まれ、納得のいく仕上がりになっている作品は、繰り返し楽しんだり、サントラを購入するなど徹底的に聴き込む事も。
そういう性格からか、好きなアーティストだから、好きな作品だから...でサントラを即買いすることは殆どないです。
ダイパの音楽については、聴けば聴くほど良さが分かる感じで、サントラが楽しみな作品です。
無論、全ての曲がいいとは思ってないです。
中には駄作や、納得のいかない仕上がりの曲もありますが、さすがに数百曲あるわけで、その全てに最高の完成度を求めるほど、完璧主義者じゃありません(^^;

余談ですが、残念ながら抽選落ちした某コンサートですが....。
えっ!
お気に入りのアグノム・エムリット・ユクシーとの戦闘や、ディアパルとの戦闘時の音楽も演ったんですね。
畜生!
滅茶苦茶行きたかったorz
あの曲がどんな風にオーケストラアレンジされたかマジで聴きたい!
是非、CDに....!

Comment Form