忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

カウンター

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

憧れの原住民?

前回、映画「アバター」を見たって書いたら、さっそく覇空の翼のサポートスタッフのMよりメールが...。
どうやら、Mもまた観たい観たいと思っていたが、なかなかチャンスがなかったらしい。
たまたま、知人から割引チケットを何枚かもらっていたので、それを譲ることに。

些細なことが、思わぬ事態を引き起こすことになるとはその時の俺が知る筈もなく、数日が過ぎた。

Mはどうやら、久々に実家に帰るついでに、親と兄の家族と一緒にアバターを見るという計画を実行に移したらしい。
どちらかと言うと流行に疎い両親は、アバターが何かを全く知らず、「タイタニック」の監督が作った話題の3D映画だ...と説明すると、漸く「そういえばTVで話題になってたかな...」程度。結局父親だけが行くことに。
兄夫婦は、興味はあったが未見。小学生の娘(Aとする)は全く興味なし...という、何と言うか取りとめのない組み合わせで観に行ったらしい。
結果は全員「よかったね!」で大いに盛り上がったようで、めでたしめでたし...で、Mは翌日に帰宅。

数日後。
別件でMは実家に電話をかけると、Aが出たので「アバター面白かっただろ」と聞くと
A「アバターの話はもうしないで><」と切れられたらしい。
あんなに喜んでいたのに、一体数日の間に何が起こったのか!? といぶかしんだMは、兄に事情を聞くと、理由は学校であった些細な出来事が切っ掛けらしい。

Aは、映画を見た翌日に学校で、友達に「アバター」を見たことを話したらしい。
でも、既にクラスの半数以上が観ていた模様。
「A、アバター観たの!?」
そんなに驚く事かとも思うが、クラスメイトはAがあまり映画やTVなどに興味がない事を知っていたからだけではなかった。

ちなみに、M曰く「インデアンみたい」なAは、エスニックなファッションが好きで、羽やビーズなどのアクセサリーをいつも身につけている程。
↓M画^^;


スポーツ少女で、スポーツをするときは長い髪を束ねていたが、何カ月か前に誰かから「お下げにしたらかわいいよ」と言われ、早速実践したとか。
それが好評で、「ナヴィみたいでイカしてるよ!」とクラスメートが言ったらしい。以後、「ナヴィA」と呼ばれるようになったが、A自身、それが何を意味しているかを気付かなかったらしい。

「アバター」を既に観た方は御存じ、「ナヴィ」とは、「アバター」に出てくる原住民の名称だ。
青い皮膚に尻尾があり、髪を後頭部でお下げにしているのだ。(厳密に言えば髪じゃないけどさ)

吹き替えで「アバター」を観たAは、その原住民の名称が「ナヴィ」であることをうまく聞き取れず、色々思い起こして漸く真実に気付き呆然自失。

更に、家族が「面白い」というもので、近所の友達と「アバター」を見に行った祖母(Mの母)が帰宅するなり、「Aにそっくりな髪形の宇宙人が出てたよ」と駄目押しの如く言ったらしく、Aは泣く泣く自慢の長髪を切ったらしい。

髪が短くなったことで、「アヴィA」は返上したAだが、ショックから冷めやらぬようで、「アバター」に対して拒否反応を示すようになってしまったというのが現状だとか...。


^^;
笑っちゃ悪いけど、俺自身、似た体験あるんだよなぁ。
「誰それに似てる!」っていろんな人に言われたけど、それが誰だかずっと気付かず、数年後にやっと正体に気付いて「げげーっ!」と引いたっけ。
俺もあんまりTVとか見る方じゃないので、有名人とか疎いです。かなり。

拍手[0回]

PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

無題

Posted by 闇かさし  2010/03/13(Sat) 12:18:29 EDIT

アバターみたことはあるな
いままでない映画ですね
変わっています時代とは違う世界ですね

Comment Form