忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

カウンター

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ポケモンバトリオ大会 in ヒーローズベース」に行ってきた

という訳で、行ってきました。

仲間と待ち合わせ、開店少し前に入り口へ。
...。意外に人少ない感じ。
先着ではなく、12時までに受付を済ませればOKというシステムなので、まあ、妥当か。

自分は、開店と当時に、スタッフの誘導の元、大会参加受付場所へ。


受付場所。
手前右にバトリオの筐体が置いてあるので、寧ろそっちが混んでます。
バトリオリーダーのショウさんが、ノリノリでプロモーションしていました。

受付では、シート(切り離せるような形になっている)に、名前と年齢を書き、チラシをもらい、早速会場へ。


会場は結構本格的。
ステージ下手にバトリオの筐体と、椅子が二つ。中央に大きなスクリーンがあります。

抽選まで、かなり時間があるので、バトリオをプレイに。
しかし、並び列が結構しんどいので、2回ほどプレイして、そのままナムコワンダーパークのゲームセンターで時間つぶし。
(ディアパルのソフビフィギュアを取るのに躍起になったり...)

さて。
12時半。
ステージにバトリオリーダーのショウさんが登場し、漸く抽選開始。
みると会場は席は満席、その周りも黒山の人だかり。
ショウさんは250名位と言っていたが、もっといそうだ。
その中で参加できるのは16名。かなりの狭き門である。


抽選中。
皆が固唾を呑んで見守る中、次々と当選者の名前が呼ばれる。
自分も仲間2人も、残念ながら落選となりました。

当選者は首から参加証を下げてもらい、一旦解散。
ちなみに、当選者は 大人1:2子供 くらいの感じでしょうか? 小学生位の小さい子か、大人のどちらか...という感じ。

1時、大会スタート。
中央のスクリーンにトーナメント表が映し出され、呼ばれた順番に、1組ずつ、ステージ上の筐体でバトルをしていく...という進め方。


1回戦終了時のトーナメント表。

後程、イベントレポートの方に詳細を出しますが、全体的に使われているパックは、ハイパーはカメックス、ゴウカザルが、スーパーは、ヨノワール、ブーバーン、カイリキーが、ノーマルは、ニューラ、ドーミラーが目立ちました。

珍しい組み合わせみたいなバトリオは、1回戦で悉く落ちてしまったようで、2回戦以降は結構傾向が似ている組み合わせが多かったです。
どの選手も、2回戦目以降は、対戦ごとに組み合わせを替えなかったのが特徴ですね。
2回戦を勝ち上がったのが、全員、ハイパーにカメックスを投入している選手ばかり。
そのため、準決勝の段階で、4人の選手の使うハイパーが皆、カメックスになるという事態に。

決勝はカメックス・ドサイドン・ニューラvsカメックス・ブーバーン・パチリスという組み合わせ。
優勝は後者。


優勝選手へのインタビュー。

参加選手全員に、賞品の大会ハヤシガメが贈呈。
4位までに入った選手には、表彰状が贈られた。



表彰式の後は、抽選会。
パルシティのヒコザル15枚とショウさんのサイン入りパック事典2冊。
結構帰ってしまった人が多く、かなり引きなおしがされていました。
1/3位は帰ってしまった感じでした。

終了間際の客席。

でも、まだ多いね、人。

そんなこんなで、大会も無事に終了。
大会自体には参加できなかったのですが、いい勉強になったというのが正直な気持ちです。

子供はもちろんですが、今日のように大人でも参加できる大会を、もっと増やして欲しいですね、今後。


余談。
今日来なかった友達が、地元のスーパーで入手してきた情報。
第5弾から、新しいシステムが導入されるかもしれないらしい。
(ロケテス段階なので、まだ決定ではないようだ)
今後のバトリオの動きにも、注目したいものだ。

拍手[0回]

PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form