忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

カウンター

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イラコンの果てに

イラコンの作品出来た報告はして、結果報告してなかったですね。
え?
興味ない?
そげな薄情なことは言わんといて(何処の人?)




本音、今回は無理じゃと。
神多すぎ。
奇跡でも起きない限り入賞は無理だと。
それ位、レベル高いんですね。
絵的に暗いし、ぱっと見て目に付くという絵じゃないんですね。
上記の件については、反省してません。
意図してやったことなので。
所謂「狙う」的な作品というよりは、異色作代表を狙った感はありますね。
いかにも創造した人工の美の世界ではなく、極普通に有り触れた日常の延長に出現した、非日常のような。
中途半端といえばそうなんです。
完成された美ではない。
自然の中の有り触れた美しさを描きたい。
背景の夕焼けは、多分もう少しオレンジを鮮やかに描けば印象的である。
木々も、もう少し整えた方が美しいかもしれない。
キャラクターも、もう少し光線を工夫すれば映えるかもしれない。
でも、それは自然ではない。
そもそも、ポケモンが日常の世界の中にいること事態が不自然である。
有り触れた自然の中に、不自然が自然な形で存在するミスマッチですかね?
そういうのを描いてみたかったんです。


テーマ的には少々重いです。
宗教的な要素も含んでいます。
「久遠の果てに」というタイトルからもお分かり頂けるかと思いますが、「久遠」とは本来仏教的解釈ですと、時間的に果てがないこと。
果てのない過去、未来。無限。
果てがないのに、果てとはこれいかに?
タイトル自体が、ある意味矛盾なんですね。

仏教で「輪廻転生」という考え方があります。
生命あるものは死後も形を変えて生き返り、果てしなく生徒氏の循環を繰り返すという...。
死んだ者が生き返るなんてそんなばかげている!
と思う人も多いと思う。
しかし、こういう考え方は、仏教に限らず、様々な宗教に見られるところからも、特異な考え方ではないと思う。

生命に限定せず、この世界に存在する万物は、この無限の繰り返しを続けているんですね。
あらゆる物質・エネルギーも、この世界から失われることはなく、延々と循環しているに過ぎないんですね。
ただその形状が変わる。
食物連鎖にしてもそう。大地に降り注いだ雨が海へと流れ込み、蒸発して再び雲を形作り雨となって降り注ぐように...。

ポケモンという世界観の中では、余り死というものに触れないようにしている感がある。
無論、ゲームの中では殺されたガラガラの話や、ポケモンの墓があり、ポケモンにも死があるということを訴えている部分はある。
しかし、アニメでは殆どないのか。
「水の都の護神」では、ラティオスの死というものが確かに描かれてるが、それは死ではなく、「こころのしずく」という存在への転生とも受け取れる。
「波導の勇者ルカリオ」でも、アーロン、そしてルカリオの死が過去への転生という形で描かれている。

輪廻転生を信奉している訳ではない。
ただ、万物は形状は変われど無限に存在し得るものだと思う。
その考え方に基づいて、生と死と言う物を描くと言う事への挑戦。
それをハクリュー~カイリュウの進化と言う現象を通して描こうかとも思った。
だが、最終的には二つの輪を一つの絵の中に描く事の難しさから、象徴的存在としてパルキアに絞ったという裏話があったりもする。

では、作品の中に描かれているパルキアとは一体如何なる存在なのか?
パルキアと言えば、図鑑などの情報を参照してみると、「空間を司る神と呼ばれる存在」らしい。
どうも「次元の隙間」という謎の空間に住んでいるらしい。
神であってもポケモンであり、生命体である以上、永遠の命を持っているとは思えない。
しかし。
次元の隙間が如何なる空間であるかは分からないが、空間と空間、次元と次元の狭間に存在するということから、それは空間ですらないとも取れる。
空間が存在しないと言う事は、時間も存在し得ない。
(そうなると、物質もエネルギーも存在しない気もしないでもないが、宇宙論や物理的な話に流れ込みそうなのでスルーするとしよう)
時間が存在しないと言う事は、死とも無縁となる。
パルキアは、次元の隙間とやらに存在する以上、その生命は無限なのだ。
そんなパルキアが何らかの理由で地上世界に降り立つ。
そこは空間である。
生命体である以上、時間の流れの影響も回避する事が出来ない。即ち、いつかは死が訪れるのだ。
ただ、死は消滅ではない。
死が新たなる命を生み、それが巡っていく世界。
それを過去と未来を見通せるネイティオが、傍観していると言う感じの図なんですね。

隠しイラストを見た方は、詩でかなりネタバレしているのでもうお分かりかと(^^;
(隠しイラストは、拍手画です。現在、壁紙として「覇空の龍」TOPにて配布中)

当初、パルキアは生身で登場する予定でした。
それはちょっと生々しすぎはしないか?
と言う事で、石化という形になりました。
隠しイラストのほうは、当初のイメージに近いわけです。


そんなこんなな「久遠の果てに」。
いつもの如く、知り合い関係者その他沢山の皆様のアドバイス・励ましを得て、苦難の末の完成となりました。
おかげさまで、まさかのトップ10入りを達成!
まさか、まさか、100票以上も入れていただけるなんて、喜びより驚きの方が勝っています。
始めて見た時、正直、夢か幻か間違いかと考え倦み、改めて時間を置いて見に行った程。

自信がなかったから...というのではなく、絵画愛好家の視点として、自分の作品より明らかに上である作品が多かったからと言う点ですね。
やはり、上手い人は上手いです。

自分的に、今回の作品は、自分の力を出し切れたという意味では満足ですね。
この作品を通して、描きたかったことを描き切れたと思っています。

そういえば、いつも作品提出後は、言い訳ばかり(^^;
納得がいくまで追求しなかった自分が悪いといえば悪いんですが、今回はその反省から、納得のいかないことを放置せず、とんとこ煮詰めて解消していくという作業に多くの時間を割けたということは、本当に自分にプラスになったと思っています。


裏書きにて、今までに頂いたコメントに対して、レスをさせて頂きました。

拍手[0回]

最後に、「久遠の果てに」に投票してくださった皆様、コメントを下さった皆様、アドバイスを下さった皆様、本当にありがとうございます。
簡単ながら、コメントへの返信をさせて頂きます。


・さすがラングさんと言いますか この描き込みは神!!(無記名)
-まだまだ神の足元にも及びません。
ですが、神をも恐れません(^^;
LANGEをカタカナ読みにする方は少ないので、どなたかとても気になります。


・パルキアにたくさんの植物が生えていてひくり(びっくり?)しました!ネイティオとの組み合わせも良いですね。 木など、背景がとてもリアルに描かれていて凄いです。(カラグレナイさん)
-別名・パルキア植物園(ちょ
ちょっと派手かなという気もしたのですが、生命の美しさ・輝きと言うものを直に描きたかったという気持ちがありました。
因みに、「パルキア」と言う樹があるんですよ。
ネイティオは最初カイリュウだったのですが、最終的には変更してよかったと思っています。


・空間の描写が見事です。見れば見るほど、その奥深さに圧倒されます。いろいろな想像が膨らむ絵だと思います。個人的な好みとすれば、全体的にぼやけた印象があるので、もう少しはっきりさせてもよかったかな、と思いました。今のままで十分素敵で、好きであることには変わりないのですが。(無記名)
-物語的な要素は組み込んでいるので、色々想像して頂ければ幸いです。
色の組み合わせ的にぱっとしない感はありますね。意図している部分もあるので、ちょっと譲れない点です。


・草木の色合いとパルキア像に心打たれました!(ハイブリッドNさん)
-草木は極自然な感じを出したかったので、そういう部分を感じていただければ幸いです。
えー。
実はパルキアは本物(以下略


・芸が細かい!LANGEさんのポケモンと美しい背景にはいつもうっとりさせられます。 トゥートゥーが何を考えているのか気になります…。(無記名?)
-よく、背景とポケモンが馴染んでいない的なことを言われるので、今回一番気を使った点ですね。
トゥートゥー(^^;
実は、何も考えていないというのが現在、一番濃厚な説です。


・5票くらい入れようと思っていたんですが、最後まで入れるか入れまいか悩みました。 最初、メインとなるポケモンに生命感が欠如しているように見えて仕方がなかったのですが、じっくりと拝見して、風景そのものがバルキアの生命感の表現ではないかと感じました。 木々の描写などがリアルで美しいのに切なく感じられたり、物語など色々考えさせらる奥深い作品だと思います。(無記名)
-貴重な5票の中に入れて頂き、真にありがとうございました。
深い所まで観て頂き、感慨至極です。
ポケモンの生命感の表現については、日頃から課題としている所ですが、今回は敢えて生命感を描かない事で生と死というものを描くという課題に挑戦してみました。


・とにかく描き込みが素晴らしいです… 見習わなければorz (イーブイ松本さん)
-こちらこそ、ポケモンの魅力の表現など、見習いたいと思っております。

--以上、「鳩急行のイラコン Ver.♪」様のフォームより頂いたコメント--


・ちょwww ヒメツルソバ!(多美緒)
-正直、これを見た瞬間、爆笑しました(^^;
はい。
ヒメツルソバです。
解説:パルキアの首の辺りに生えている植物の名称
実は、手前側の花などは、家の近くに生えている草木を参考にしています。


--以上、メールにて頂いたコメント--

・印象画に通じる哀愁感がいいが問題作 パルキア氏んでるww
-確かに、印象画的な雰囲気は意識しましたね。
確かに、氏んでるけど。


・何が言いたいのかわけワカメ
ぱっと見はスゲーと思ったけど
-ぱったみただけでは理解出来ない絵で申し訳ないです。

補足:※一部レスであった、死体呼ばわりは流石にやめてください。

--以上、某大型掲示板の某スレにて頂いたコメント--

貴重な時間を割いてコメントを下さった皆様、本当にありがとうございました。
PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form