忍者ブログ

カレンダー

06 2019/07 08
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

カウンター

ポケモンサーチャーBW

仲間とのオフ会の口実という事もあり、行ってきました。

小学生向けと謳っている催事にいい歳した大人が行っても大丈夫なのかという一握の不安は拭い切れなかったものの、自宅から行ける範囲で開催という事で、遊びに行ってきました。

11時ちょっとすぎに会場到着。
9時半から整理券配布という事で並んでたらどうしよういう焦りはあったものの、11時半からの回の整理券を取れました。

早速バスを見に行ってみると、レシラム&ゼクロムの目立ちまくりのバスが!
これは格好いい!


(撮影:疑惑たん)

炎天下、30分以上歩いても見る価値あった!
すでに俺は満足だ~~と
まあ、折角整理券取ったんだから、見て帰らないと(^^;

子供ばっかりかと思ったら、親子連れが多く、俺達みたいな所謂「おおきなおともだち」でもあまり違和感ない感じ。
少し待って入場...もとい、搭乗。
運転席じゃなくてコックピットだったり、スタッフも徹底して雰囲気作りをしているのが良かったですね。
入口は大人的に若干狭かったですが、石は余裕あって問題なし。
内装もSF風な感じで、まとめられていている。
乗客が席に着くと、前後の丁度中央付近で仕切り、前後の部屋で同時に同じ内容の映像を流す感じなので、一番後ろの席でも問題なく映像が見られるようになっているのは、子供にやさしい仕様だと思った。
一見はただのバスだけど、変形して空を飛んでイッシュ地方まで行くという設定。
イッシュ地方を空から探索し、新ポケモンを探していると伝説のポケモンが...。
ここで座席の前に用意されているDSLを起動し、バトルをしながら先に進み、伝説のポケモンレシラムとゼクロムに出会うという感じ。
厳密に制限時間があるので、ゆっくりプレイ出来ないのが残念ですが、急げば2回目突入もありで、最初はブラックだった場合は、二度目はホワイトになる感じ。
実は俺、今まで体験版てプレイした事ないんですよ。
買うまであまり情報を仕入れたくないというのが本音ですが、今回は特別。
バトルは思ってたよりサクサク進むのは高感度高かったです。

体験プレイが終わったら、後は帰りましょうという事で。
途中、上空を飛ぶレシラムとゼクロムに遭遇しますが、どうにか無事に帰還。
賞味10分という所ですが、ただ単に体験プレイというだけでなく、新しいポケモンの世界を体感してもらう為に色々演出がされていて、面白い企画だと思う。

帰りに、冊子とステッカー、サンバイザー(最初の三匹のの中から1個選択)を貰って終了。

貰った物


冊子の中は、普通に公式とかで出てる内容が殆どですが、参加者対象の携帯を使ったサービスの案内があったりします。
中身


終わった後、その足でポケセン横浜へ。
バトリオやったり1日楽しかったです。

拍手[0回]

PR

迷宮入りすか?

9月ですね。
昨日で、意外に熱中した「ポケモンラビリンス」も終了。
もらえるイーブイ進化系が分かるのが、翌日ということで、やきもきした人も多かったのでは?

帰宅後、早々にチェックしてみると、サンダースでした。
最初にコリンクを選んだので、同じ電気タイプのサンダースになったのかな?
検証の為に協力してもらった甥兄弟の垢も覗いてみると、やっぱりコリンクを選んだ長男の方がサンダースだった。弟は確かポチエナだった気がする→案の定ブラッキー。

ゲームの結果でもらえるイーブイ進化系が決まると言うので、色々憶測してみたものの、やっぱり最初のポケモンを選んだ時点で決まり、後は何をどうしようが変わらなかったんですね(^^;

さて。
プレゼントの応募も本日から。
自分はDSLとレシラム&ゼクロムのいるフィギュアのセットとTシャツの他は殆ど興味なしなので、あまりポイントがたまらなかった甥二人に好きな物を選ばせて、検証の協力をしてもらった恩返し。
当たるかわからないけど、当人達は大喜びでしたね。

ちなみに、自分のポイントは4735あったので、かなり選び放題でした。
最終結果↓


兄の方は、8月前半から初めて、後半は宿題消化で殆どやっていなかったにもかかわらず、ポケモンは全部コンプリートで、大迷宮も2700m突破という、なかなかの結果。
弟の方は、最初は興味なくて「やりたくない」と拒否していたにもかかわらず、兄が頑張ってるのを見て負けず嫌い魂がムラムラしたのか、8月も残す所1週間くらいになってから開始したので、ポケモンもコンプできず。
それでも、大迷宮は縫いぐるみ欲しさに500mの最低ラインは突破したのはさすがと言ったところか。
弟の方↓

兎に角好きなポケモンに拘っているようで、折角育てたのも、他に好きなのが出ると入れ替えちゃうという感じで...。
意外にゴツイ系がお好みの様子。
兄貴の方はスクショ取り忘れました(^^;

3人分プレゼントの応募してから気付いた。
俺の名義分は放置して、甥のアカウントの方をポイント稼げばよかった。
「おおきいおともだち」は、往々にして当たらないのだ!

ちなみに余談だが...。
「ポケットモンスター ブラック・ホワイト」の予約数はDS史上最高だとか。
SSHGの難民騒動での教訓と、早期購入者特典のビクティニの影響か、欲しい人はみんな予約してるようです。
俺も自分用に各1と甥2人用にもう1セット予約。
ブラック×2 ホワイト×2でいい感じ...と思ったら、そうは問屋はなんとやら。
甥兄弟は二人ともブラック希望という...(^^;
おいよぉ、俺、ホワイト2本か!?
もう1本予約するかなぁ。
でも、弟の方はゼクロムの方がお気に入りなので、なんかブラックとホワイトを勘違いしてそうな気もする。
あのパッケージは紛らわしいよ(^^;
当日は、勘違いする人が続出しそうな気もする。
(特に、親や祖父母が子供や孫に頼まれて買いに行く場合に...)

拍手[0回]

まよいみち

えー……。

ここのところ、ポケモンラビリンスの攻略をしつつ、色々自分で検証したデータとか結果とかをブログで掲載してきた訳ですが、そういうのを快く思わない人もいるんですね。

「嫌ならみなければいいじゃん」とかという話かなと思いきや、便利な情報とか攻略のコツとかを、皆が見れる所に掲載するのはどうか?...というメールを頂き、ウラ表示すればよかったかなとふと思ったんですが、その方曰く「自分は自力で攻略してランキングにも載ったのに、終了間際に慌てて検索して、攻略情報を見て、お手軽に攻略してしまうにわかを支援するようなことはやめてくれ」というご意見。

そんなもんなのかな、、、と思いつつも、ポケモンラビリンスに限らず、全てのゲームに共通して言える事じゃないかな?

今は、大抵のゲームの攻略情報は、簡単にネットで検索できる。
自力で苦労してクリアする人もいる一方、攻略情報を見ながら「ミスなど考えられないぜ~」なノリでちょちょいのちょいとクリアする人もいる。
どちらが正しいのかは、人それぞれなんじゃないかなと思う。
ただ、俺としては、自力でクリアした方が楽しいと思う。
だから、新しくゲームを手に入れても、一度はクリアするまでは攻略本も攻略サイトも見ないようにしている。
情報を見ながらじゃないと嫌だ! と言う人は、自分で攻略法を考えるのが面倒と言う人も多いと思うが、一度だけのイベントや、入手するチャンスが1度しかないアイテムなどを逃したくない...という思いの人もいる筈だ。

それに、誰もがそのゲームを廃人級にやり込んでいる訳ではない。
ネットの検索で簡単に情報が手に入るなら、その方が効率的である。

ポケモンラビリンスにしても、これは正直ぬるいゲームだと思ったら、大迷宮解禁と共に「やり込んだ者の勝ち」なゲームに早変わり。
ポケモンラビリンス自体が面白いかと言うと、俺的にはイマイチと思う。
ただ、作業的な事に向いている性格なのと、中途半端で終わるの嫌な所があり、やるなら徹底的にやってやる...と言う訳で、攻略情報を掲載するようになった訳だ。
折角だから、ポケモンは全部集めたい。アイテムも全部フルコンプしたい。助手ポケモンも全部元気ゲージMAXにしたい。最長距離も狙いたい。...全部自己満足だ。
実際はやらなくてもいいのだ。
プライズのイーブイ進化系にしても、エントリーすれば後は放置でももらえるのだし、やり込んでもポイントに応じて応募権利の生まれるプレゼントに沢山応募できるというメリットはあるが、それも当たる確率は極めて低い。

人間、手に入れた情報を一人占めする人と、皆に教えて共有する人と、2種類いると思う。
俺はと言えば、完全に後者。
情報を一人じめしたいなら、そもそも情報系サイトなんて運営しないよ。
使いもしないカードをリスト作る為に買ってくるとか、他者から見てかなり間抜けな奴である。
でも、その情報が役に立てば幸いだ。
本当に役に立っているかは、実際の所はよくわからない。
コミュニティー自体があまり活発なサイトではない故に、ユーザーの反応は憶測するしかない。
その為に、空回り気味の所もある訳で。

ラビリンスの話にもどすが、育成からデータの検証やら、結構面倒な所もあった。
ランキング上位には入れた時は、正直苦労したかいがあった!と嬉しかった。
嬉しい事は、共有したい。
誰かが俺のささやかな情報を役に立ててくれたり、見向きもしなかったラビリンスに興味を持ってくれたら、それも嬉しい。
俺はこういう人間だし、いまさらそういう生き方を...考え方を変えろと言われても無理というものだ。


後、気になったのは、ラビリンスの育成は非常に面倒だ。
大迷宮以外のダンジョンをでたり入ったり、面白いかと言えば面白くもない。やりたくない。...でも、ポイントは稼ぎたい、大迷宮用のポケモンの育成はしたい、パワーストーンを集めたい、アイテムも...という方なのだろう。
自動でダンジョンを周回するツールだかプログラムだかを開発してしまった人がいるらしい。
それだけならまだしも、それを不特定多数の見ている場で配布したらしい。
なんだそりゃ。
それって改★造ww
ゲームのシステムを変えてまでクリアしたくないや。

拍手[0回]

祝!ベスト10!

何がベスト10だって!?

遂にやってしまいました。
ポケモンラビリンス 究極の大迷宮 最長距離3000mの大台達成!



まさかこんなに行くとは...。
最初はあまり考えないでやっていたんですが、次々と回復床を踏み、逆にダメージ床を踏んでいないことに気づく。
半分くらい行った所で


↑こんな感じでメモしながらやってるんですが、回復床を何と6回も踏んでいるじゃないか! このままダメージ床を踏まなければ、念願の3000m!
と言う訳で、この時点で安全ルート採用。
時々間違って違う方向の矢印をクリックしたりするので、ミスらないようにかなり緊張しました。

お陰で最長距離ランキングのベスト10に入れたという訳です。


嬉しいけど、実際の所こんなことで緊張するの嫌なので、もっと気軽にやりたいって気はします。

拍手[0回]

というわけで...



ポケモンラビリンス 究極の大迷宮 最長距離ランキングに復帰しました~! やったー!!

何でも上位に入れないと嫌だ! という性格ではないんですが、変なもんに拘る性質はありますな、俺(^^;

取り敢えず最長距離は何となく更新出来ればいいなとは思うけど、次は全てのアイテムMAXを目指します。
...てか、他はいいとして、レインボーストーンですな。
現在85個。
これは早ければ明日位には達成できそうな予感。
平均、1回の大迷宮挑戦につき、5個はゲットしているので。
今だけレインボーストーンがあれば、欲しいポケモンは逃さないぜ!
...という事になりますが、今さら苦労して育ててきた助手ポケモンには愛着があるというもので。
お別れする気は毛頭ありません~!
多分最終日は、涙のお別れになるに違いない!

拍手[0回]